共働きにオススメ出来る副業の特徴

共働きにオススメ出来る副業の特徴
    • 共働きにオススメ出来る副業の特徴
    • ここ最近の社会状況として、夫婦共働きと家庭は多いのではないでしょうか?
      労働賃金の低下や就職難に加え、社会的経済状況の悪化からの立ち直りもまだまだ実質的には見込まれていない昨今。

      現実的には共働きをせずして過去のような安定的生活を送ることはもとより、年金問題などに端を発する老後の未来を考えた場合の不安感なども相まって、夫婦共働きにより少しでも家庭の未来を安定的に保持するべくの共働きともなっていることでしょう。

      あらたな社会保障制度のような形で子ども手当などはありますが、2014年4月1日から実施された消費税の3パーセントアップとなる増税など、様々な負担増により家計を圧迫することは必至の情勢ともなってまいりました。

      とはいえ、夫婦ともにフルタイムでという事もなかなかに難しい事情を抱えるような家庭もありますし、16歳未満の子供の扶養控除もなくなり、特別扶養控除の恩恵までも受けられなくなるような働き方をするというのも、家計を切り盛りする一般的な女性達の価値観からすれば半端に稼ぐという事にも踏み切れないような実情があるとも思えます。

      別の記事でも細かく触れましたが、課税対象とならぬよう扶養内で賢く働き稼ぐことは世の女性=主婦の命題ともいえなくはありません。

      ひところワーキングプアなどという言葉がよく言われましたが、まさしくこの状況はそれに等しい「働けども働けども暮らし良くならず、、、」の感覚に相違ない現状です。

      そこで、世の一般の方々が考えるのはやはりパート・アルバイトによって扶養内で稼ぎ家計を支えるという事。

      ですが、主婦をされている方々は家事もあれば、フルタイムで働かれているご主人の協力はあったとしても、微々たるもので、主には主婦の方が家事に子育てにと奔走することとなります。

      そうなると、実際に働いている時間は短くとも、その前後となる通勤時間なども鑑みれば、たとえ実労働時間(勤務時間)が一日あたり数時間でも、プラスまた数十分から数時間のそれら付随する通勤時間などのロスが発生するわけです。

      主婦のロス数十分はもとより、数時間のロスは家事などにとてつもない負荷となります。
      それらを解消する手立てを模索すればするほど、やはり副業によくあるような短時間単純作業系労働にメリットがあることに気づくわけです。

      これは主婦の方だけでなくとも、ご主人・男性が、やはり同じく家計をさらに支えるべく、本業後のアルバイトなどを考えた場合にも同じです。

      これら副業については、当然ながら出勤型のものを選ばれてもかまいませんが、やはり先ほど申し上げたように、出勤時間を除外できるものがあるのであれば、様々な面でロスと負荷を減らすことができます。

      そこでおすすめなのが、在宅系の副業や内職ワークです。

      これらは時給換算で1000円前後といったようなお仕事を在宅で行うことが可能な単純作業系のお仕事がたくさんあります。

      主にはパソコン(場合によりスマートホンでも可能)でテキスト入力やデータ入力をするといったお仕事ですので、体力的にも無理なく行えるようなものですからおすすめです。
      詳しくは、また別の様々な記事でも色々な切り口から紹介・説明しておりますので、そちらも合わせて参考にしていただければと思います。

      人気のため再募集!!
      求人詳細はこちら

    • 超短時間で出来る内職!!
      稼げるから嬉しい♪
    • 今までこんな仕事ありましたか?おばさんでも豪華ホテル生活スタート!!生活にゆとりが欲しい女性注目のガチアルバイト登場しました☆ あなたのわがまま引き受けます。カラオケ中だけでもお金儲けが出来るスマホで伝言ゲームするだけの在宅御役で将来安定♪

      プチセレブ体験はコチラから

    • 本を読みながら出来るお仕事?仕事をしながらでも誰でも採用♪直ぐにでも始められるアルバイト求人を完全公開☆ 探していたでしょ?こういう仕事!!年月かけなくても気軽にお仕事スタート!!寝る前にメールするだけのお仕事求人をお届け中!!